.htaccessを使った個別に拒否する方法
sorry Japanese only
最終更新日 2007/04/30
page size = Mbyte


関連するページ 許せないクローラー ファイルの内容を表示する 見て欲しくない人を拒否する設定 .htaccessを使った個別に拒否する方法 検索エンジンの拒否をする設定


プロバイダー、IIJ4Uと @niftyへ契約しているのですが、IIJ4Uの方は転送量の制限を打ち出してきました。
まあ Upload 15Gbyte/dayという規制値なので、私の所では、2つのプロバイダーを繋ぎ変えて負荷分散もやっているし、それほどの転送量でもないんですが、見ている目の前で連続して大容量を転送している人がいると気になってしまいます。
と言うことで、IPでアクセス制限をかけられるよう httpサーバーの設定を変更しました。

apache2の http.conf内の設定を変更。
AllowOverride None の行を全て削除。
DocumentRootの部分に AllowOverride Limitを追加。

dougaディレクトリーへ以下の .htaccessファイルを追加。
avi,mpg,isoのファイルのみに制限をかけています。
<Files ~ "\.(avi|mpg|iso)$">
order allow,deny
allow from all
deny from xxx.xxx.xxx.xxx
deny from yyy.yyy.yyy.0/255.255.255.0
deny from infoweb.ne.jp
</Files>
xxx.xxx.xxx.xxxの部分へ IPアドレス記述すると、403エラーが表示されそのディレクトリーへのアクセスが出来なくなります。
yyy.yyy.yyy.0/255.255.255.0 は、yyy.yyy.yyy.0からyyy.yyy.yyy.255までのアドレス範囲で指定するやり方。
infoweb.ne.jpは、hogehoge.infoweb.ne.jpをまとめて指定するやり方。infoweb.ne.jp.hogehogeは拒否しません。*infoweb.ne.jpって事です。

アドレスは間違っていないはずなのに errorが表示される方、申し訳ないですが、数日たってから再度アクセスして下さい。
ダウンしすぎです。

広範囲にアドレスの変わるプロバイダーの方には、余り効果が無いんですけどね。
自分の IPアドレスの調べ方 ==>ここで分かります


但し .htaccessによるアクセス制御には httpd.confに記述して制御するのに比べ、以下の点が不利となります。
毎アクセスごとに .htaccessを読み込むので、ファイルのアクセスが増える。
特に、/pc/apache/index.htmlにアクセスに来ると、/.htaccess -> /pc/.htaccess -> /pc/apache/.htaccess と / から再帰的に .htaccessを読み込むため、ディレクトリー階層が深い場合、ファイルのアクセスも飛躍的に増えてしまうそうです。

その点 httpd.confへ記述すると apacheを立ち上げたときに 1回読み込むだけで、各アクセスごとに読み込むようなことが無いので、ファイルアクセスが増えてしまうようなことはありません。
但し httpd.confを書き換えても、それを反映させるには apacheを立ち上げ直す (httpd -k gracefulで ok)が必要なため、.htaccessに比べると、設定の反映が面倒というのがあります。(.htaccessは、書き換えればその時点から次のアクセスより設定が反映される)

15500
戻る