インプレッサ エンジンオイル交換ページ

最終更新日 2004/09/05
page size = Mbyte


エンジンオイルクーラーの記事はこちら => 純正オイルクーラー

まずエンジンオイルの交換に必要な物。

オイルパンのドレンボルトの所に取り付けるガスケットです。
金属製で、ドレンボルトを締め付けていくと潰れてオイルが漏れないようにシールしてくれます。
毎回交換しないと、いくら強くドレンボルトを締めてもポタポタオイルが漏れてきてしまいます。
10枚で 800円だったかな?。ディーラーでまとめて購入しています。

エンジンオイルのフィルターです。
箱に書いてある P/Nは、買うたびに改良されているんだか、良く違う番号の物になっています。

フィルターの交換、別ブランドのオイルに交換するとき、又はエンジンオイルの交換 2回に 1回程度の頻度で交換が良いと思います。
そんな値段高い物でもないですからね。
私は純正品が一番と思っています。

ちなみに、純正エンジンオイルフィルター内には、フィルターが目詰まり起こしたときのためのバイパスバルブが付いていて、INと OUTで 1.6kg/cm2以上の圧力差で、フィルター部分はバイパスしてオイルが素通りするとあります。

これがインプレッサターボ車(EJ20Gエンジン)のエンジンオイルの流れ方です。
(写真はデジカメ撮影で斜めってて御免なさい)

オイルパン

ストレーナー

トロコイドオイルポンプ(吐出量 47リットル/分 at 5000rpm)

リリーフバルブ (オイル圧力 6kg/cm2以上でオイルポンプ入力側へリターン)

オイルクーラー (水冷多板式 7段 3800kcal ターボ車標準装備)

オイルフィルター (濾過面積 1000cm2 バイパスバルブ 1.5kg/cm2内蔵)

エンジン内部へ

エンジンオイル 4リットル
フィルターの交換まで行っても 4リットルで十分です。
フィルター交換しなかったら、3.5リットルぐらいがちょうど良いです。
多く入れたがる人がいますが、多く入れても良いことは微々たる物で、弊害の方が多いと思います。

車体左前から下を覗き込んだ写真です。
(1) がエンジンオイルフィルター
(2) がエンジンオイルドレンボルト
(3) がエンジンオイルパン (エンジンオイルのたまっているタンク)

私の車、ドレンボルトは油温計のセンサーに変えてあるので、普通の車はただのボルトが付いて入るんだと思います。

まずは、エンジンオイルのドレンボルトをゆるめます。(2)です。
この写真は、エンジンオイルのドレンからは抜き取って、エンジンオイルフィルターをゆるめて抜いている写真です。
エンジン暖まっているときが、エンジンオイル柔らかくなっていて抜けやすいんじゃ?って事も無いようです。
私はオイルが熱くて嫌なので、走る前、エンジン冷えているときにオイル交換やるようにしています。

エンジンオイルフィルターは、このようにしてゆるめます。
下から上に向けて付いているので、ゆるめる方向が分からなくなります。
あと、エンジンオイルフィルター付近は、タービンへ行く排気管があったり、その遮熱板があったりと危険がいっぱいです。
必ず軍手をはめて、エンジン冷えているときに行いましょう。ズルッと滑って指ざっくり!なんて事になる可能性大です。
気を付けましょう。

エンジンオイルフィルターをゆるめるのには、このようなツールを使っています。
エーモンのオイルフィルターレンチです。

取り付けるフィルターは、ネジ絞めていったときにパッキンがひねくれないよう、良く滑るようにパッキンにオイルを塗っておきます。
塗るオイルは、ドレンから抜いた古いオイルで十分です。

こんなして、裏側にも塗っています。

フィルターの取り付け部分はこんな感じになってます。(チト汚いけど)
エンジンオイルは、外側からオイルフィルターに入り、フィルター通過し、真ん中の筒を戻ってきます。
下と上に見えているゴムホース(上は隠れてるけど)は、冷却水(クーラント)が通るホースです。
インプレッサのターボ車は、水冷エンジンオイルクーラーが標準装備なんです。(GC8Dの場合、水冷多板式 7段 3800kcalの性能の物が付いています)。

締め付けですが、エンジンオイルドレンボルトは、手で締め付けて、更に 1/2〜3/4回転。整備点検書には 4.75kg-mのトルクと書かれています。
エンジンオイルフィルターも、手で締め付けて、更に工具で 1/3〜1/2回転締めています。整備点検書には 2/3〜3/4回転と書いてありました。

エンジンオイルを入れる所はここです。
その左にあるのが、レベルゲージですね。
こぼさないようゆっくり入れましょう。

エンジンオイルの量の測定は、エンジン止めて少したってから測定しましょう。
で、レベルゲージの穴とかくぼみの意味ですが、左側から
半円形の切り欠き -- HOT UPPER位置。エンジン暖まった時、これ以上の位置にしてはならない。
真ん中の穴 -- フルレベル。エンジン冷えている時の最大位置。
右側の穴 -- ロアレベル。エンジン冷えている時の最低位置。
と言うことで、真ん中と右側の穴の間なら、まあどこでも正常位置です。

フィルターを交換して 4リットルのオイルを入れると、写真では良く分かりませんが、白線の所までオイルが付いています。
フィルター交換して 約 3.5リットル入れた時には、少ない側の穴(写真では右側の穴)の位置までオイル来ます。
少ない少ないと気にする人がいますが、真ん中と LOW側で 0.5リットル程度しかオイル量に差はありません。

オイルなど 1リットル程度入っていれば、オイルパンからオイル吸い込んで正常に潤滑しますから、オイルが少ないのは余り気にする必要ありません。(と思うな、経験から言って)

今まで何回もオイル交換してきて
ドレンから抜いただけ 3.5リットル。
ドレンから抜いて、フィルターも交換したとき 4リットル。
の量がちょうど良いかな。と思っています。



98370


戻る?