車のシートをオフィスチェアにしようページ
sorry Japanese only
PAGE作成日 2011/11/14
最終更新日 2011/11/14
page size = Mbyte

インプレッサの助手席シートの中古が、YAHOOオークションで安く売っていたので
購入してみました


何に付いていたシートでしょうか
STIのロゴが入っているのでインプレッサSTIでしょうか

シートベルトが当たる位置の布のこすれとかが見られないので
あまり助手席に人を乗せない方が使われていたのではないかと予想できます
(運転席は必ず誰かが座っていて必ずへたりますが、助手席は、人がまるで乗らなかった
可能性もあるので、車に取り付けずに使う場合、買うのは助手席の方が良いような気がします
値段も運転席に比べると安いようですし)

ちなみに、このシートは 3000円でした
送料も 3000円かかりました
重量は、シートレールの付いた状態で 18kg
シートレールを取り外すと 13kgです



購入したときから、シート表面は綺麗でしたが
せっかくだから、カバー(布部分)をはがせるんだったらはがして洗濯したい!
と思って裏を見たら、白矢印部分が引っかけてあるだけです



マイナスドライバーでクリっとやったら、簡単に外れました
おぉ、簡単に引っぺがせそうです



途中までむいたら裏面が見えてきました
残念、裏はゴム状の物が貼り付けてあって、簡単に洗濯はできないようです
それに背もたれの部分は、シワがよらないようにか、なにか両面テープ?のような物で、
背もたれのスポンジと接着してありました

で、洗濯はあきらめて、オフィスチェアーの作成にかかります



シート裏返して、シートレールを取り外したところです
シートレールは、白矢印の先のねじ穴にボルトで止まっています
このねじ穴、裏にナットが溶接してあるので、オフィスチェアーの時にもそのまま使えます



シートレールを取り外し、横から見た絵です
ねじ穴の位置が全部水平でツラ一?だったら良かったんですが、
右後ろの部分だけ少し高さが異なっています
約 8mmぐらい、他の位置より高くなっています
(まっすぐの板を当てると、右後ろだけ隙間があいちゃう)
まあ数ミリなんで、ワッシャー何枚か入れると問題無く固定できます



一気に飛びます
足部分だけが売ってないかなぁ?と思い色々探しましたが、見つかりませんでした
家にあった PC用の椅子をばらして足部分だけを使います

そのままではシートレールのねじ穴と幅が合わないので、合板を使ってアダプター??を作りました
他の方のページを見ると、板を使って作ったらギシギシ音が鳴った
とありましたが、今のところ一応問題ありません

使った板は、赤松集積材 10ミリ厚
大きさは、470mm×420mmだったかな
本当は、普通の合板(タテヨコ交互に合わさってる強度のあるラワン材)を使いたかったのですが、
近頃売ってないんでしょうか、ホームセンターで見つかりませんでした



一気にオフィスチェアーできあがりです
撮り方が悪かったか、歪んで写っていますが見た目は普通に出来上がってます
リクライニングしてもひっくり返りませんでした


作るときのコツ?

どうしてもシートの座面が高くなってしまうので、なるべく低くなるよう心がけて作りましょう
太ももの血行が悪くなると、エコノミー症候群になりそうです
足部分、ロッキングチェアー用だったのですが、車のシートはお尻の部分が元から後ろ下がり
になっているので、ロッキングした状態(後ろに傾いた状態)で固定して、それを前後逆、
前下がりになる状態でインプレッサーのシートを取り付けました
足部分は前下がりですが、インプレッサの尻の部分が後ろ下がりなので、ほぼ水平、事務所で使うにはちょうど良くなりました
12944
戻る