オイルの基礎ページ

最終更新日 990123

オイルについての基礎を書き並べてみました。


SAEエンジンオイルの粘度分類
15W-40とか、エンジンオイルの缶に書いてある数字の意味です。

粘度番号粘度(CP)オイルポンプ吐出限界温度(度)油温 100度での動粘度(cSt)
0W-30度時に 3250以下-35以下最小 3.8
5W-25度時に 3500以下-30以下最小 3.8
10W-20度時に 3500以下-25以下最小 4.1
15W-15度時に 3500以下-20以下最小 5.6
20W-10度時に 4500以下-15以下最小 5.6
25W -5度時に 6000以下-10以下最小 9.3
205.6〜9.3
309.3〜12.5
4012.5〜16.3
5016.3〜21.9
6021.9〜26.1

注:
cSt センチストークス。1秒間に、オイルが何ミリ流れるかの単位。
CP CCS粘度計(コールドクランキングシミュレータ)での単位。mPas(ミリパスカルセカンド)と同意らしい。

非常にオイルが詳しく書いてあるページへジャンプ


<戻る>

17945