ブレーキページ

最終更新日 990128日
page size = 182Kbyte


ブレーキ鳴き止めのページです。

多くの方が、ブレーキのキーキー音で悩んでいる事と思います。
確かに、効くブレーキなので鳴いてもしょうがないのかもしれませんが、鳴かないに越した事ありません。
私は、エンドレスの NA-Sと言う、純正よりは効くブレーキパッド使用していますが、以下の事を行う事により、ブレーキの鳴きを無くす事に成功しました。簡単に言えば、パッドグリスを塗る事なんですけどね(^^;;
但し、2ヶ月に 1度は行わなければ、効果を維持出来ないようです。

ホイルナット まずはホイルナットを緩めておきます。

ジャッキ ホイルナット少し緩めたら、ジャッキアップして、ホイル外します。
私は、油圧のパンタグラフジャッキをいつも使用しています。

キャリパー外し キャリパーを取り外す為、ボルトを 2本緩めます。
上と下の 2本でキャリパーは固定されています。
凄く固く締まっていると思いますので、メガネレンチ等を使って、プラスチックハンマーでぶったたかないと緩まないかもしれません。

外した絵 ボルト 2本緩めると、ぐらぐらになりますから、作業しやすいように、このように上向けます。
最初は、パッドとローターが密着していてキャリパー動かないと思いますので、左右前後にこじる様にして、パッドを引っ込めると、簡単に持ち上げられます。
ちなみに、ホイルを取り外すと、ディスクローター(円盤)もぐらぐらになります。
このように上にキャリパーのせると、ローターがぐらぐらする事ありますが、びっくりしないように(^^;

パッドを外す パッドを取り外します。
溝にすっぽりはまっているだけですから、マイナスドライバー等で押したりこじったりすると取り外せます。

パッド分解 取り外したパッドを分解します。
パッド、黒い色したシム、ステンレスのシム の 3枚構成になっています。

パッドグリス 分解したパッドとシムの間に、パッドグリスを塗ります。
どの位塗ればいいか... 難しいです。いつも適当に塗っています。

パッドグリス ちなみに、パッドグリスは、トヨタカローラのディーラーで、トヨタの純正保守部品購入しました。
トヨタの P/Nとしては、08887-02307と言う物です。歯磨き粉のチューブのような物に入っています。

kureのやつ ちなみに、良くオートバックス等で売っているこれも試した事ありますが、これよりは、トヨタ純正の方が良かったです。
この KURE DISK BRAKE QUIETは、色が蛍光の真っ赤な為、パッドに塗ると、パッドをチューニングしているような色になります。

パッドグリス2 キャリパーと当たる面にもパッドグリス塗ります。
ついでに、耳の部分にも塗っておくと良いかも?(私は塗っています)

取り外した時と逆の手順で組み立てていきます。
パッドがキャリパーにうまく入らずいらいらしますが、のんびりと組み立てていきましょう(笑)



WAKO'Sスレッドコンパウンド 今度は、こんなの買ってきてみました。
色んなケミカル用品を作っている WAKO'Sのスレッドコンパウンドという、耐熱グリスです。
使用温度 -30〜850度で、主用途は、高温になる排気系のボルト焼き付きを防ぐためにネジ山に塗っておく。等のようですが、金属間の極圧のかかるブレーキなどにも使用できると書かれています。
買ったところは、八王子にあるラブ君というカー用品店の、オートバイ部品売場です。
普通の車用品店、オートバックスなどでは見かけたことありません。この手のケミカル品は、オートバイ用品店に売っていることが多いようです。ちなみに、歯磨きぐらいのチューブに 100g入っていて 2000円でした。

ぬりぬり どんな色しているかというと、こんな色しています。ラメ入りの金色!。って感じです。
TOYOTA純正と、KUREの物は、グリスと言うよりもゴム系接着剤という感じで、最終的には固まってしまうのですが、WAKO'Sの物は、塗っているときの感じからするとグリスです。
矢印の、耳の部分にも前回同様塗ったのですが、パッドをキャリパーに装着するとき、このグリスを塗ったことにより動きが良くなり、スポッと気持ちよく装着できました。
鳴きがどう変化するか?は、もう少したってから報告します。

<戻る>

48271